弊社にしかできないことを追求すること。

2019年10月07日 閲覧数:26 ビュー
投稿者:

10月になり今年もあと3ヶ月、

早いものですが、年の瀬の到来を感じ始めます。

 

最近、ふと小学校のあゆみ帳の評価について思い出す事がありました。

みんなより、できなければがんばりましょう。

みんなと同じようにできて、できました。

みんなよりできるようになれば、よくできました。

 

あゆみちょうの評価は相対的な評価であると思います。評価対象の生徒が、同じクラスの生徒のなかで劣っているのか、平均なのか、優れているのかで評価を行います。

 

私は、授業を大人しく聞けない生徒だったので、よくがんばりましょうを付けられることが多かったです。。

 

この評価方法は、やはり社会においても同じことであると考えます。

三基建設は倉庫・工場の事業用物件を専門にご紹介させていただいております。

こと、事業用物件のご紹介という分野では当然ながら、数ある不動産会社の中でも優秀でなければならないと私は考えています。

そのためには、平均点以上を取るためには、周りがしていないことまでしなければならない、できなければならないと。最近よく考えます。

物件内見の際には、お客様へ、物件を検討いただくにあたっての注意点等をよくご説明させていただくことがあります。

お客様にとっては耳の痛いお話かもしれませんが、ほとんどが適用される規制の話や、法令の違反が確認できるなどの話です。。

都市計画法、建築基準法、消防法、労働安全衛生法などなど。

前向きに物件の検討をしはじめると、営業マンから規制や違反の話をされるのですから、お客様の立場からすると、聞きたくない話なのかもしれません。。

 

ですが、一番怖いのはお客様が知らずに契約をしてしまい、後々想定していなかった不利益が生じることであると考えています。

ですので、弊社は、他の会社様が説明されないような不利なことまで、お客様へ説明をすることが多いと思っています。

 

しかしながら不測の不利益が生じないためにも、発生される問題を予見したうえで、事前にリスクをご説明し、安全に契約をしていただくことが倉庫・工場をご紹介するうえでは、最も大事であると私は考えています。

 

物件ご紹介時はもちろん、HPに掲載する物件情報、重要事項説明、契約書作成など、倉庫工場を専門としている弊社目線で、弊社にしかできないことをもっと追求していかなければならないと。改めて考えました。

 

お客様の期待にお応えできる存在となれるよう、頑張って行きます。