電気設備

2019年10月02日 閲覧数:51 ビュー
投稿者:

こんにちは。奥山です。

今回は高圧電気設備についてのお勉強です。

工場などで多くの電気を使用するところではキュービクルが設置されているのをよく見かけますが、これの故障が原因で同じ地区一帯を停電させてしまうことがあるそうです。

これを波及事故というそうで、最近では停電事故の20%を占めています。

場合によっては、その所有者等への賠償責任問題に繋がるおそれもあるそうで注意が必要です。

もちろん波及事故を防ぐ為の設備も、当然あるものですが、特に屋外設置型のものは設備寿命は短いもので10年程で交換時期になるので、定期的に点検していても見落とされる可能性もありますので、今一度ご自身でも確認をすることをおすすめします。

先月の台風15号が各地に大きな被害をもらたしましたが、天災や事故はいつどんな形であらわれるかわかりません。

これを機会にもう一度まずは身の回りの「もしも」の場合のことを考えてみようかと思いました。

あのゴルフ場のフェンス、最終的にどのように解決されるのか気になる所です。